無駄な手間を削減する | 物流宅配業者の今後の課題

業者がしている工夫とは

再配達の負担がある

アプリを配信している

物流宅配業者のアプリで、お客さんにメッセージを送ることができます。
今届けに行っても良いか聞くことで、お客さんの都合の良い時間を教えてもらえます。
指定された時間に配達しに行くことで、確実に荷物受け取ってもらえます。
これまでは、お客さんの家に行っても誰もいなくて、再配達をしていた物流宅配業者が多いでしょう。

しかし仕事量が増えてしまうので、それも大きな問題だと言われていました。
アプリがあればお客さんの都合を簡単に聞けるので、荷物を届ける際の参考になります。
今は都合が悪いと言われた場合は、その家は後回しにして宅配してください。
荷物を配達する順番を決める前に、お客さんに希望する時間や都合を聞きましょう。

宅配ボックスを勧めている

物流宅配業者は、宅配ボックスを設置することを推奨しています。
宅配ボックスがあれば、誰も家にいない時で荷物を置けるので、業者の負担が少なくなります。
再配達をなくすために欠かせないので、積極的に宣伝しています。
配達しに行った家に、宅配ボックスのメリットを伝えています。
実際に説明を聞くことで、便利さがわかって設置するようになるかもしれません。

また物流宅配業者のホームページでも、宅配ボックスを紹介しています。
そのようにたくさんの場所で宣伝することで、宅配をよく利用する人は興味を持ってくれるでしょう。
少しでも負担を削減できるように、物流宅配業者は努力しています。
今後はもっと宅配ボックスが浸透するので、仕事が楽になるでしょう。


この記事をシェアする