専用の免許が必要 | 物流宅配業者の今後の課題

業者がしている工夫とは

ドライバーを育成している

2台が繋がっているトラック

今まで使っていたトラックも大きいですが、それ以上に荷物を詰め込めるトラックがあれば、1人で運べる量が増えるので効率良く仕事を進めることができます。
ですから、2台が繋がったトラックが登場しています。
今はまだ試験的に使われている段階ですが、特に問題がないことがわかったら、もっとたくさんの物流宅配業者で使用されるでしょう、

人数が少ない物流宅配業者でも、1回で運べる量が増えるとたくさんの荷物があっても大丈夫になります。
今は高速道路など、しっかり整備されたところを走行して問題がないかチェックしています。
安全性を考慮するために、もっと道路を整備する必要もあります。
狭くて通りにくい道路では、事故が起こってしまいます。

免許を取得しなければいけない

大型トラック運転できる免許だけでは、2台が繋がったトラックを運転することはできません。
専用の免許が、別に必要になります。
ですから各物流宅配業者が、ドライバーを育成することに力を注いでいます。
荷物をたくさん運べるトラックがあっても、ドライバーがいなければ意味がありません。

大きなトラックを運転する際は、曲がる時などに特に注意が必要です。
普段のトラックと同じ感覚で曲がっていると、ぶつかってしまいます。
他の車を巻き込んで事故を起こしたら大変ですよね。
専用の免許を持っている人を優遇すると、求人に記載してアピールしています。
また休みを考慮するなど、働きやすい環境になるよう工夫することも、人材を確保することに繋がります。


この記事をシェアする